東京のインプラント・審美歯科の大谷歯科クリニックの治療の流れ

サイトマップ

東京でインプラントは、審美歯科の大谷歯科

審美歯科・セラミック治療の流れ


青山ホワイテリアの審美歯科治療は、自費診療①②ページでもご説明したように、

精密な型取りをしたあとにセラミックを製作していきます。

その型取りの前に、根の治療の必要があれば根の治療、虫歯があれば虫歯の除去、

補強が必要であればファイバー補強等の準備が必要であり、

その一つ一つの治療行程が、治療後の審美性を左右します

。歯も歯肉共に治療が終わってからも、長い間キレイな状態を保つために重要です。


審美歯科治療の流れ

セラミック治療の治療行程のすべてのステップが、

保険診療とは材料、かける時間、手間が違います。

こうすることで、健康な歯肉・キレイなセラミックが完成し、

長い間健康で、キレイな状態を容易にキープすることができます。


治療例 KrFukuda

奥歯の審美歯科治療


前歯はキレイなセラミックをされている患者様でも、奥歯には金属で治療をしている方がいます。

自分の歯を鏡で見るときは、お口を開けた状態で見ることが少なく、

通常は上と下の歯を噛み合わせた状態を見ます。そうすると自分では奥歯は見えません。

毎日の生活では会話をしたり、笑ったり、あくびをしたり、

自分の歯の奥歯は、自分より他人の方が見る状況が多いのです。

大きくお口を開けて笑ったときに、黒い金属が見えないように

奥歯の審美歯科(セラミック)治療をおすすめします。

このように、奥歯をセラミックにすることで、笑った時も、あくびをした時でも、

金属で黒く見えることのない、健康的でキレイな奥歯にすることができます