東京のインプラント・審美歯科の自費治療と保険治療について

サイトマップ

東京でインプラントは、審美歯科の大谷歯科

自費診療と保険診療の違い

保険診療とは、決められた保険料を支払っていれば、保険診療定められた範囲内での治療を

少ない一部負担金で受けられるように考えられたとても良いシステムです。

しかし限られた材料・方法でしか治療が認められていないため、

最善の治療・最先端の治療あるいは審美的な治療が出来ないことがあります。


セラミック治療

一方の自費診療は、保険診療と違い治療費のすべてを自己負担することで、

保険診療では認められていない最善な治療法・審美的な治療を自由に選択する事ができます。

この自費診療は、贅沢な治療というイメージが強いようですが、

治療する部位の力のバランスを考慮して、最善の材料を選択し、精度の高い治療を行うため、

歯を長持ちさせ、再治療が保険治療に比べて少ないということを考えると、

決して贅沢な治療とは言い切れません。

保険診療と自費診療における、かぶせ物・詰め物の違い

かぶせ物・詰め物に用いられている材料にはたくさんの種類があります。

保険診療では銀色の金属(歯科用合金)やプラスティックを用いて治療を行います。

こういった材料を用いた歯科治療は、

先進国の中では日本以外どこにもない治療法となっています。

青山ホワイテリアでは、治療の選択肢がいくつかある場合には、

保険診療・自費診療のすべての治療法の説明を行っております。

治療を選択する権利は患者様にあります。保険診療と自費診療の治療費の違いは、

治療法・使用する材料・製作する時間・製作にかかる材料費等によるものです。