東京のインプラント・審美歯科の一般治療についてのご案内

サイトマップ

東京でインプラントは、審美歯科の大谷歯科

歯周病について
大谷歯科クリニックでは、全ての利用に対して無痛治療を心がけております。
歯科治療に対して「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの患者様も大勢来院されています。

歯周病について
大谷歯科クリニックでは、短期間での治療を望まれる患者様に対して集中治療を行っております。
1回の診療で通常のアポイントの2〜3回分の治療を行い、
1週間に2回程度来院していただくことで短期間で治療が終了します。
短期集中治療は1回の治療にかかる時間が長く、治療費もその分高くなります。
(現在、土曜日は予約が大変混み合っているため、集中治療は平日の予約とさせていただいております。)

歯周病について
30歳以上の方は、
80%以上の方が歯周病を持っているという厚生省のデータがあります。

歯周病は、口の中の細菌により、
歯を支えている顎の骨がとける病気です。
放っておくと歯がぐらぐらして抜けてしまいます。
また、痛みなどの自覚症状がないことも多いため、
知らない間に進行している場合がほとんどです。
近年、歯周病が原因で、脳卒中、気管支炎、肺炎、
心臓病、糖尿病、早産・低体重児出産を誘発、
もしくは悪化させるといわれています。

日ごろの歯磨きによるプラークの除去と
歯科医院での定期的なメインテンスが効果的です。

レーザー光を当てることにより、むし歯の部分を選択的に蒸散させる治療法です。
その為、麻酔をしなくてもほぼ痛みを感じさせずむし歯を治すことができます。
むし歯、歯槽膿漏などあらゆる口腔疾患に応用しています。
当院で行っている歯周病の定期健診で、このレーザー治療を併用することで、
歯槽膿漏の進行を効果的に抑制することが出来ます。
【初期の歯周炎】
ほとんど症状はありませんが、歯磨きのときに出血したり、
硬いものをかむと痛かったりすることもあります。
日頃のブラッシング法の改善と歯科医院での歯石除去を行うことで改善します。
【中程度の歯周炎】
この頃から歯のぐらつきや、
歯磨きの時に出血する、口臭がある、噛むと痛いなど様々な自覚症状が出始めます。
ブラッシングだけでなく、定期的な歯周ポケットの深くの
専門的な歯石除去が必要です。
この段階での治療が歯の将来を大きく左右します。
【重度の歯周炎】
歯のぐらつきが大きくなり、
軟らかい物でも噛むのに苦労します。
また、出血や口臭などのその他の自覚症状も強くなります。
このまま放置しておくと、やがて歯が抜けてしまいます。


インプラント・審美の大谷歯科の小児歯科
お子さんの虫歯予防、樹脂コーティング、フッ素塗布、ブラッシング法など、丁寧に教えます。
虫歯治療後に新しい虫歯が出来ないように、歯ブラシ指導を毎回行います。
また、フッ素塗布やシーラント(樹脂コーティング)により、虫歯のないお口を創り上げます。
セラミックを用いて笑った時になるべく目立たないように行っています。
また、透明なマウスピースを用いた矯正治療も行っております。

インプラントを使用することで、成人の方でも短期間で矯正を行うことが可能になりました。