東京のインプラント・審美歯科が行うインプラント治療について

サイトマップ

東京でインプラントは、審美歯科の大谷歯科

最近のインプラント治療は材料および治療技術の進歩によって、
一般の歯科治療(虫歯の治療や根の治療)と同じ
もしくはそれ以上の安全性、成功率の高い治療方法です。
処置後のほんのわずかな疼痛、腫れなどは出ることもありますが、
通常の日常生活にはほとんど支障ありません。
インプラントは、乳歯、永久歯に続く第三の歯といっても過言ではないでしょう。
ただその反面、
インプラント治療の恩恵にあずかっていない方も
多くいらっしゃるのも事実です。
「怖いかも?痛いかも?
安全なの?失敗はないの?
どの先生に診てもらえばいいの?
そんないい治療方法があったの?」など、
不安になることはたくさんあるでしょう。
でもご安心ください。
当医院には、最先端の治療技術と優秀なスタッフが揃っています。
他の治療法と特徴を比較すると、
インプラント治療のよさがよくわかります。


従来のブリッジによる治療法

ブリッジでの治療の場合、失った歯が一本でも、
その両隣の歯も削らなければなりません。
健康な歯は、削ることによりその歯の寿命を短くする恐れがあります。
インプラントによる治療法

インプラントを歯が失われた場所に埋め込みます。
通常治療時間は20~30分です。
インプラントの治癒期間は一時的な仮歯を取り付け、最終の人口歯冠を治癒後に取付けます。
抜けた歯のみの治療ですので、隣の健康な歯を削らずに治療できます。
他の自分の歯と機能的にも変わらず、同じように使えます。
従来の取り外し式部分入れ歯による治療法

取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨やまわりの歯に悪影響を与える危険性があります。
また取り外しをする違和感や、お食事をする際食べにくさを感じたり、
食べたものが詰まりやすいデメリットがあります。
インプラントによる治療法

欠損した歯のみの治療ですので、隣の健康な歯を削らずに治癒できます。
他の自分の歯と機能的にも審美的にも変わらず、
金具やストッパーがないので、違和感なく同じように使えます。
また、顎の骨の収縮を予防する為、フェイスラインがやせたりすることがなく維持できます。
① 20年以上のインプラント実績があり、
500名を超える患者様へのインプラント治療を行っております。

② 十分に時間をかけて診査診断を行ったうえで、
適切な診査・診断を行います。

③ 当院のドクターは多くのインプラントのトレーニングを積み、
国内外でインプラントの多くの研修に定期的に参加しています。

④ インプラント治療をした同日に、
仮歯や仮の入れ歯を製作することで日常生活に支障がありません。

⑤ 顎の骨が少ないからインプラント治療が難しいと他院で言われた方でも、
骨を増やす処置とインプラントを併用することで理想的なインプラントが可能です。

⑥ ご希望によっては、
麻酔専門医による精神鎮静法を応用することで、
寝ている間にインプラント治療を行うこともできます。

⑦ 内科的に不安のある方も生体モニターで、
随時チェックしているので安心してインプラント治療を行えます。

⑧ 当院のデジタルレントゲンとCTスキャンセンターとの連携による、
綿密なインプラント診断
①カウンセリング
まずは、インプラント治療に関してのカウンセリングを行います。
患者様は、歯科医師に自分の治療に対する考えや、
今の歯の状態についての不満などをお話になり、
先生からインプラント治療のメリットやメンテナンス、
治療費用、他の治療法(ブリッジや入れ歯)
との違いなどについて詳しくご説明をお聞き下さい。
また患者様の体調や病歴などについて、先生にお話下さい。
②治療計画をたてる
インプラント地ようを成功させる為に、綿密な治療計画を立てます。
レントゲンなどの検査を行い、患者様の顎の骨の状態や、全身の健康状態を十分チェックします。
③治療法の決定
検査結果からたてた治療計画(治療内容)を詳しく聞き、十分理解し、
インプラント治療コース(治療本数、治療期間、治療方法、難易度など)を検討します。
他の治療法と考えや費用などを比較したり、手術の説明を受けます。金属の人工歯根をいれる、といえば
知識のない方は多少怖く感じるかもしれません。
しかし素材のチタンは、人間の体内でも安全な物質として知られ、
整形外科では、人工関節などとしても使われています。
体に異物が入るイメージを抱いてはいませんか?
インプラントは、入れ歯やブリッジとは根本的に違います。
新しく自分の歯が手に入る、とイメージしてください。

初診では、お客様の状態を把握するために
レントゲン検査その他を行い、お客様の要望に合せて
(予算・治療期間・最終的に望む状態)、
目指すべき治療後のメンテナンスを総合的に判断します。
そしてお客様の確認の元、治療期間の計画を立てていきます。
多数の歯の喪失や、造骨手術を必要とするような大規模な症例では、
数回に分けて治療計画を行うこともございます。