東京のインプラントと審美歯科の2013年10月の日誌

サイトマップ

大谷歯科のインプラント、審美歯科治療

« 2013年9月 | メイン | 2013年12月 »
ダイレクトクラウン実習コース終了

先日の東京デンタルショーで講演させていただいた、ダイレクトクラウンの実習コースを行ってきました。このクラウンの実習コースは日本だけではなく、世界 初ということでした。東京だけでなく、日本中の歯科大学の先生も参加されていたこともあり、少し緊張はありましたが無事終了しました。

このダイレクトクラウンは皆さんもご存知の3Mが開発した製品になります。あのポストイットとかセロファンテープ等で有名な会社です。

1378241_498942006868201_781734364_n.jpgのサムネール画像

1379996_498942030201532_225590009_n.jpgのサムネール画像


クラウンは奥歯に被せ物をするときに使用する材料で、型取りも必要なくその日のうちに白い歯の治療が出来るという材料です。

通常セラミックの歯は10−12万円程度かかります。その他の材料でも白い保険外の被せ物は5−7万円程度の費用がかかりますが、このクラウンは約3万円で奥歯に白い歯を入れることができます。

見た目や強度、耐久性等はセラミックや他の一般的な白い材料に劣る部分もありますが、保険診療内で出来る銀歯は目立つから白い物を入れたいけど、今はあまり高い治療費を使いたくないという方に対して出番が多くなりそうです。

ただし、歯の状態(虫歯の大きさや、深さ、歯の大きさ等)により、すべての患者様に応用出来るわけではありませんので、ご興味のある方は是非ご相談下さい。





2013年10月 6日